脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)は、

腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありません。

背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩けなくなったりします。

歩けなくなったりしたときに、少し前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

脊柱管狭窄症の原因は?

脊柱管狭窄症は、

神経の通る脊柱管が狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

腰椎椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。

また、背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、痛みや痺れが出たときに腰をかがめると楽になります。

歩くと足が痛くなり、整形外科でMRIをとったら【脊柱管狭窄症】だと言われました。

病院に通っているのですが、なかなか治らないので来ました。治りますか?

治ると断言はできませんが、当院に【脊柱管狭窄症】で今までに来られた方は、皆さん、快適に歩けるようになっています。

歩ける距離がだんだんと長くなっていきますので、焦らずにやっていきましょう。

どの程度で長距離が歩けるようになりますか?

人それぞれで、1回で歩けるようになる方もいらっしゃいますが、10回程度かかる方もしらっしゃいます。

早く治して下さい。

はい、でも、治すのは私ではなく、あなたなのです。私は治すお手伝いをするだけです。

切り傷は、自己治癒力で傷を元の状態に戻します。それと同じで、痛みなどもその原因を自己治癒力で治していきますので私は、自己治癒能力が上がるようにお手伝いをします。

したがって、あなたも、早く治るように自分でできることは是非して下さい。

分かりました頑張ります。

では、一緒に早く健康体に戻れるように頑張って行きましょう。

高橋整体院で

脊柱管狭窄症から解放された方法は?

当院では、脊柱管狭窄症によって出るしびれ、痛みは、臨床経験から次のように考えています。

・腰椎が本来の動きができなくなっているために脊柱管の一部に狭くなっている箇所ができる。

・腰椎を支える筋肉に問題があるために、腰椎の動きが制限されている。

・腰回りの筋肉の問題は、骨盤の動き、大腿部の筋肉、下腿部の筋肉、足底筋、足指のどこかに問題があるため。

これらの理由でお身体のバランスが崩れてしまうことで問題が発生していると考えます。

そこで、

足指から腰椎、また、首、頭蓋骨も歪みがある場合は、調整して、全身のバランスを整えます。

そうすることで、健康体に戻れる期間が早まります。

また、ご自身でできる簡単なワーク、日常で気をつけることをお伝えしますので、それらを実行していただき、ともに頑張って行きましょう。

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典がもらえる!
  • 特典124時間LINE予約OK
  • 特典2初回コースがお安く受けられる
  • 特典3LINE予約でエネルギーカード(3,000円分)プレゼント
営業時間
9:00-12:00
14:00-20:00
  • 定休日不定休
  • 14:00-17:00

この記事をシェアする

関連記事