自律神経失調症とは、どんな症状がでるの?

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れている状態

自律神経には、【交感神経】と【副交感神経】があります。

【交感神経】は、車で例えるとアクセルの働き、

【副交感神経】は、ブレーキの働きと言われます。

 

例えば、危険が迫ったので、早くそこから脱出するために全身に血液を大量に送り出し、逃げるために走ろうとする筋肉を動かし、酸素を取り入れるために呼吸を早くする働きをするのが【交感神経】

危険が去ると、大量の血液、酸素は不要となるので、心臓の鼓動、呼吸を平常に戻す働きが【副交感神経】

この交感神経と副交感神経が同時に働いてしまったり、同時に働かなくなったりする状態、本来の働きができなくなったときに自律神経失調症となります。

その症状は、様々です。そして、健康診断など症状の原因を探るための検査では現れなくて、原因不明となる。ドクターからは、「問題ありません、気のせいでしょう」と言われたりします。

症状が出てどんなに辛くても、検査して原因となるものが見つからないと、心療内科などに送られます。

 

自律神経失調症で起こる症状は、

自律神経は、自分の意思でコントロールすることは不可能です。

自動的に反応する神経のため、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫などの機能を無意識に調整しており、生命維持には欠かせない神経です。

【自律神経が乱れると】

等々、様々な症状が出ます。

「自立神経失調症」は特定の疾患名ではなく、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2つのバランスが崩れた状態を意味する表現です。

自律神経失調症の原因は?

原因としては

不規則な生活や過度のストレスで一時的に出る場合

何らかの身体疾患に随伴する場合

うつ病や不安症の症状の一部として出る場合

などがあると言われています。

 

高橋整体院で考えている【自律神経失調症】の原因は

【肉体面】

体の筋肉バランス、骨格バランスが崩れることで体液循環が滞る場合

 

【メンタル面】

人間関係、家族関係、金銭面、健康面などによるストレスがある場合

 

【食品】

添加物、農薬、抗生物質などに汚染された食品接種している場合

 

【環境】

排気ガス、向上煤煙、香料、気候、住宅環境など

 

【その他】

寝具、服用している医薬品等

エネルギーの状態が原因となっている場合

これらが複合的に関わって影響している場合

を考えています。

どれが自律神経のバランスを崩す原因となっているのかを探りながら健康体へと導いていきます。

 

こんなお話しから施術に入ります。

どうも体に元気がないのです。

そうなのですね。どのような状態なのか、思いつくままにお話し頂けますか?

朝、スッキリ起きられない、体が重い、呼吸が浅い感じ、時々顔が痙攣することもあります。

手足が冷たくなったりすることもあります。

お腹の調子はいかがですか?

はい、便秘をしたり、下痢をしたり、やる気が出なかったりします。

そうなのですね。やりたいこともできないことがありますか?

はい、そうなんです。以前はやりたいことがたくさんあったし、やらなくてはいけないこともこなせたのですが、今はできません。

それは、辛いですね。

なんだか首、肩、背中も重くて、何かがのしかかっている感じがするのです。

病院には行かれましたか?

はい、内科で心療内科を進められて通院しています。

では、お薬も利用されていますか?

はい、眠れないので睡眠導入剤を頂いています。

よく眠れますか?

寝ることは寝ているのですが、疲れがとれないです。

お仕事では、ストレスとかありますか? お仕事がイヤだとか、人間関係に何かあるとか・・・

お仕事は好きです。でも、一人なじめない方が・・・

そうなのですね。施術中に何か気付いた事などありましたら教えて下さい。

これから施術をしていきますが、お身体の不調と、メンタルの不調を調整していきますね。

お身体とメンタル面も影響しているようですし、お薬のこともお話しさせて下さい。

はい、よろしくお願いします。

自律神経失調症の施術方法は

お身体のバランスをチェックして調整します

【バンスチェック】

お身体のバランスをチェックします。

お身体の筋力テストをします。

【バランス矯正】

バランスの不調、筋力低下の原因のほとんどは、足指が原因です。

そこから、お身体全体の調整をしていきます。

調整方法は、ソフトで、バキバキと捻ったり、ゴリゴリ押したり、揉んだりはしません。

あるポイントに軽く刺激を入れたり、筋肉と皮膚の隙間をつくるために軽くさすったりします。

【再チェック】

調整がうまくできているかを確認していきます。

高橋整体院が考える【バランスの不調】【筋力低下】の原因(肉体面)

人間は皆、地球上に立っています。重力のあるところにいます。

その重力を一番感じるところは、足底です。

足を構成する骨は、片足28個、両足で56個もあります。

それぞれが関節をつくり、その関節が重力に耐えて、立ったり、歩いたり、走ったりできるような構造になっています。

その関節をつなぎ、動かしているのが、靱帯、筋肉です。

 

58個の骨、それにまつわる靱帯・筋肉は、血液によって運ばれてくるビタミン、ミネラル、ホルモン、酸素等々の物質を受け取り、細胞分裂を休むことなく続けて、今の体を作ってくれています。

そのどれかが掛けても体は健康な状態を維持することができなくなります。

 

重力を受けている58個の骨をもつ足は、足の指の筋肉が詰まっていると、足首の関節の動きが制限されます。

足指の不調 → 足首の関節の不調 → 脹ら脛、すねの筋肉の不調 → 大腿部の筋肉の不調 → 殿筋の不調 → 骨盤の歪みなどの不調、自律神経の不調 → 腰回りの筋肉の不調、腹部の筋肉の不調、内臓の不調 → 脊椎の不調、肋骨の不調、肩甲骨の不調、肺の不調、自律神経の不調 → 頸椎の不調、自律神経の不調、両腕の不調 → 頭蓋骨の不調、お顔の不調、脳内への不調、自律神経の不調

このようにお身体の不調から、自律神経への不調を招いていくと考えています。

メンタルの不調が自律神経の不調へ

メンタルと体は切っても切ることができません。

家族の心配事

仕事で上司、部下から攻められている

健康不安

これが重なってくると、胃潰瘍になったりすることはご存じだと思います。

これは、ストレスが交感神経を緊張させて、胃の働きをうまくコントロールできなくなってしまったことが原因で胃潰瘍になってしまいます。

 

心の動きで、自律神経に作用してしまう例です。

心、感情は、自分自身で調整することができます。

高橋の開発した【メンタルリセット法】を利用することでストレスは解消していけます。

この方法をお伝えしてストレスをどんどん開放して、自律神経のバランスを調整していくことができます。

自律神経のバランスは複合したことが原因

現代社会では、

色々なことが複合的に原因となって、自律神経のバランスを崩していきます。

お薬だけに頼るのではなく、

関わっている原因を見つけて、

それを取り除いていき、

お薬を利用しないで健康でいられるように

自律神経失調症から早く解放されることを目指しています。

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典がもらえる!
  • 特典124時間LINE予約OK
  • 特典2初回コースがお安く受けられる
  • 特典3LINE予約でエネルギーカード(3,000円分)プレゼント
営業時間
9:00-12:00
14:00-20:00
  • 定休日不定休
  • 14:00-17:00

この記事をシェアする

関連記事